スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装飾線~INスウェーデン~

前回とは織物つながりで、今度は京都市「大照学園」で作られています
スウェーデン刺繍のブックカバー ¥500


スウェーデン刺繍


スウェーデン刺繍の歴史をご説明いたしますと、何世紀も前からスウェーデンに伝わる伝統的な刺繍技法の1つです。
1950年代にアメリカで爆発的に人気となり、その後1960年代に日本にも入ってきました。
当時は、「スエーデン刺繍」と呼ばれ、レース編み、スモッキングと並んで大人気の手芸となり、
いたるところでスウェーデン刺繍をしている女性がいました。現在では、本場スウェーデンでも
この刺繍を楽しむ人が激減しています。
アメリカが一番手芸人口が多く、日本においてもスウェーデン刺繍人口はとてもわずかとなっています。
日本では、スウェーデン刺繍、スウェーデン刺しゅうと呼ばれています。

スウェーデン刺繍には専用の道具が必要です。
針は一般的な刺繍針に比べて長く太く、先が曲がっています(リリアンの針に似ています)。
先が曲がっているのは、布目をすくいやすくするためです。
現在では、日本で生産されているスウェーデン刺繍針が世界的に標準アイテムとなって
北米、ヨーロッパでも広く愛用されています。

本場スウェーデンでは、昔も今も平織りの綿や麻の布に刺しています。
ドイツ、アメリカ、日本では スウェーデン刺繍専用の生地が織られています。
それぞれの国で特徴がある生地が作られていて、 生地によって模様の出方も違いが見られます。



美しい模様で、上品の雰囲気を持を持つ「スウェーデン刺繍ブックカバー」
お気に入りの本を、オシャレにしてみませんか?
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

見れば見るほど・・・

細部にわたって美しいものってありますよね。
まさにこれもそんな感じがします。

『刺繍をしているときって、その人は何を想っているのだろう?』

そんなことを考えてしまいました。

でも、そのひとがどんな状況にあっても、針を持つときは
きっと幸せに違いありません。たとえ、束の間であっても・・・。

織物や刺繍。
ひとの手を通して表現されてゆくものは温かい・・・。

この美しいカバーをどの本にかけようかな?
(今、お気に入りの故E・キューブラー・ロス女史の本にしよう・・・)

何を編みこむのか

ただ糸を編みこむのか、もっと別の何かを編みこむのか、その違いで「何を思って刺繍をするのか」は変わってきそうですね。

それによって、同じ糸で、同じ模様を刺繍しているはずなのに、雰囲気や手触りに違いが生まれてしまうかもしれません。

かおるさんが刺繍をされるとしたら、何を編みこまれるのでしょうか…
少し考えてしまいました。

私は… 楽しかった思い出でも刺繍してみましょうか。
プロフィール

らぶはあとん

Author:らぶはあとん
「らぶはあ㌧」のメンバーたちが運営しています♪

住所:京都府宇治市広野町茶屋裏6
〒 611-0031
℡:(0774)-44-4357
FAX:(0774)-44-4358

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。